CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
爺のお暇。

隠居暮らし一周年になりました。この一年間生かされてきたことを感謝します。
車が無くなりどうやって生活しようかと不安になりましたが、なんのことはない家にじっとしていればいいだけの話なんでなんとかやっています。
食料品は宅配スーパーに頼んで毎週月曜日の配達のおかげで間に合っています。外出も今の自粛の前から月に2,3度友だちが来てくれてしているだけですが、回数が少なくなった分充実しているように感じるのでありがたいです。
そう考えるとコロナ感染率の低さはこの隠居爺が一番かも知れません。人混みが嫌いで静かな山奥に引っ込んでいますが、それが長所になるとは驚きです。いやいや油断はしていませんよ。町には観光客も来るし、どこにウィルスが飛び散っているかわかりませんもの。
去年見なかった「凪のお暇」をTVerで見つけて第1話を見たところ面白くて2話3話とみたくなりました。でもTVerの意地悪。2,3は配信終了で4,5話と続いているんです。仕方なく韓流サイトで見つけて最終回までしっかりと見ました。なんとか及第点を上げられますね。
さてさて2年目も頑張らずにいきましょうか。

| オヤジの日記 | 09:10 | - | - |
ドラマはつづくよ〜♪。

「スカーレット」「やすらぎの刻〜道」の二つの連ドラが終わってしまいました。個人的感想を述べさせてください。


「スカーレット」は穴窯を始めるまでは良かったのですが、後半は合点のいかないことばかりでちょっとつまらなくなりました。とくに武志が成人してからは彼の病気を気にして悲しそうな振る舞いをしないという意味からかも知れませんが喜美子の言葉遣いが粗雑に聞こえたことです。ぶっきらぼうな話し方にホントに愛情があるんかいなと冷酷女に見えてしまうのです。味覚音痴になった息子の前で鰻重を頬張るなんてありえません。気丈にしていても弱くなってしまう母の姿を映さずに、一人ポツンと食事するシーンだけでは伝わってきません。もっと患者の会を掘り下げて欲しかったし、骨髄バンクのことも出して欲しかった。同じ病気で苦しんでいる人や家族もそんな思いだったでしょう。そして最終章にナレーションの一言で武志の死亡が告げられたのもちょっと残念です。亡くなる前に素敵な思い出を作れたシーンをもっといっぱい見たかった。その分を前の下らないスピンオフの6回分を充てても良かったと思います。


「やすらぎの刻〜道」、やすらぎの郷のほうはなんかおちゃらけが多くなって、それでも劇中劇の道のほうが面白いので楽しめました。でも平成になってからはつまらなかったですね。とくにラストのあたり、孫が3.11の津波で流されたりしても原発事故にはほとんど触れないし、次男が捕まってなんの意味があるのか、三男を破綻させてまで作者が何を言いたかったのかがわかりません。主人公の公平が最後に言った言葉も何だかなぁという感じです。


まぁどのテレビドラマでも気に入っていて80点ぐらい上げられていても最終回で50点になってしまうのが多いようです。でも途中の80点や100点のシーンを見たいのでせっせと見てしまいます。
そうだ。NHKの連ドラを最後まですべて見たのは「スカーレット」が初めてです。「おはなはん」の最初の回は見た覚えがありますが、他はほとんど見ていません。続いての「エール」も福島県人として見ないわけにはいきません。

| オヤジの日記 | 08:54 | - | - |
自炊ノススメ。

外出自粛でブルーになっていませんか。家にいる事が少なかった働き蜂さんなどはどうしていいのかわからず困っているでしょうね。外食できないなら自炊はどうでしょうか。
私は17年前に2度目の脳梗塞をやって入院した時に医者に「どのような食生活をしていますか」と訊かれ「コンビニ弁当とかファミレスなどの外メシが中心です」と答えたところ、「それを辞めて自分で食事を作ればよくなります」と言われました。それから自炊を始め外メシを少なくして乗り切りました。昨年3度目の脳梗塞をやったのは薬を切らしたまま二ヶ月もいたからです。←阿呆爺
自炊は楽しいですよ。作ったことがない人は簡単なレシピをネットで調べて作ってみましょうよ。その前にスーパーに行かなければならない人が多いので外出自粛に反してしまいますね。まぁこれから先もこんな時があるかも知れないので料理の腕は上げておきたいということです。


昨日の雪はまだ残っていますがもうすぐ消えることでしょう。コロナ退散を祈りながらせっせと巣ごもりを続けましょう。

| オヤジの日記 | 08:56 | - | - |
またまた白銀の世界。

グチャグチャ雪で外出したくなるような「コロナ日和」となってしまいましたね。
なぬー不謹慎な!!
いえいえ、今朝の天気を笑いにしてみたくって言っただけですよ。外出自粛というこのご時世ですからね。
でもね、テレワークできるならまだいいのですよ。勤務先に身体を持っていかないと成り立たない仕事の人もいるはずです。スーパーに物がなくならないように物流の仕事を頑張っている人たちも大勢いるはずです。そんな人たちが家から出て駅へ向かう姿を非国民のように見るのはやめていただきたいものです。
感染してもたいしたことはないと渋谷へ向かう若者は、二次感染で高齢者が死亡したとしても姥捨て山へ行ってもらったと喜ぶのでしょうか。老害の政治家にまずは行ってもらいたいものですな。Oh,またまた不謹慎な!!
不謹慎ばかりですみません。ついでに言っておきますが、こんな時にお上の言うことに一喜一憂していないで、自分の考えをしっかり持っていることが大事です。権力者に忖度していたら碌な目に合わないことはもう充分におわかりでしょうからね。

| オヤジの日記 | 08:46 | - | - |
対岸の火事か、我が家の火事か。

それとも他国の火事か、隣町の火事か、それとも隣家の火事かと人それぞれのとらえ方があると思います。若い子たちは感染してもたいしたことないと盛り場に出たがるのでしょうし、高齢者だって日課のように外出したがる人がいるかも知れません。
都会暮らしを満喫していた人たちは満員電車に揺られて咳をする人を避難する目で見てしまうことでしょう。都会の脆弱ぶりが露呈したとは言いませんが、人が集まりすぎて疫病や地震などの災害に弱いということはおわかりになったことでしょう。

我が家の火事は自分で消すのではなく周りのみんなで消していきましょう。もはや新型コロナウィルスは我が家の火事なのです。

会津は都市部より感染リスクは高くないと思っていますが、観光客などで自分が感染していることを知らずに来る人もいます。実際に感染者が訪れた店として保健所が消毒した事案も出ています。暇になった店を訪ねてくれるお客様はありがたいですが、これはありがたくないですなぁ。いや感染者が悪だとは言いませんが、知らずに感染元になってしまうという怖さがあります。この陽性か陰性か線引きの難しさがこれからの問題でしょう。

| オヤジの日記 | 09:05 | - | - |
<< | 2/1052PAGES | >>