CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
ジャックと福寿草。

四月号の表紙写真です。
友人の愛犬ジャックは昨年亡くなりました。福寿草の群生地に連れてきてあげたかったので写真だけでもと思い合成してみました。O津山さん、バック絵の提供ありがとうございます。Yさん、愛犬の写真ありがとうございます。
福寿草が綺麗に咲き乱れる丘を見て、ジャックは飼い主さんとの楽しい思い出にふけっているのかも知れませんね。合掌

| オヤジの日記 | 08:27 | - | - |
ふくもちとは。

昨日のブログで「福寿草餅」などと書いてしまい、友人から福寿草が食べられるものと勘違いする人がいたらどうすんの、という突っ込みをいただきました。確かに毒のある植物を食べ物の名前につけるのは御法度ですよね。いくら阿呆オヤジでもこれはしちゃいけないと反省しています。
「ふくもち」ならいいでしょうね。福を持っているようで、福島の福だし豊かな気持ちになれるのではないかな。このネーミングをどこかの菓子屋さんが買ってくれないかなぁ。

今朝はまた雪が降っています。「暑さ寒さも彼岸まで」というのは雪国には通用しません。せめて「ワカサギの穴釣りは春の彼岸まで」ぐらいかな。薄くなった氷にスノーモービルを落としたり、坪足になって足を水没させたりと桧原湖でよくあるそうです。気をつけましょう。
さてと四月号のラストスパートです。それ行けーっ。

| オヤジの日記 | 07:57 | - | - |
ぼたもちとおはぎ。

同じようなものが彼岸の時期に登場するのか不思議でしたがやっとわかりました。
ぼたもちは「牡丹餅」、牡丹が咲く春の彼岸にお供えするもので、おはぎは「お萩」、萩の咲く秋に食べるものだそうです。季節毎に同じ食べ物が名前を変えるというのも日本人の心の豊かさなんですね。


先日食べたのはおはぎじゃなくてぼたもちだと知り、また食べたいと思ってしまった昨日の雪見珈琲タイムです。
さぁて四月号もいよいよ大詰め。頑張っていきましょう。

| オヤジの日記 | 07:56 | - | - |
ひがんじゃヤーよ。

お彼岸ですがいつもこの時期になると僻みを連想してしまいます。
よくわからない人のために、っていうか自分もよくわかっていないので調べたことを書いておきます。
「僻み」(ひがみ)=ひねくれた考えを持っている様子や、その気持ちそのもの。
「妬み」(ねたみ)=人を羨ましく思い、相手に悪意を抱くこと。
「嫉み」(そねみ)=人を羨ましく思い、自分に劣等感を抱くこと。
「嫉妬する」ということは自分にも相手にも悪意を抱くことなので醜いはずですよね。
さて、この三大嫌ミを自分の心に芽吹くのを防ごうとしているのですが、老人力がついてこないとなかなか難しいみたいです。

 

山都町沼ノ平で福寿草まつりが始まりましたよ。福寿草会館前で開会式があり、飯豊権現太鼓が勇壮な演奏でお祝いしていました。福寿草もこの太鼓の音で春の到来を感じているでしょう。と言っても顔を出した福寿草はほんの一部でほとんどが雪の下です。見頃は今月下旬から来月初旬ですね。100万株全てが開花したらものすごい眺めになりますからお楽しみに。

| オヤジの日記 | 08:16 | - | - |
寒晒しそば食べて福寿草を愛でよう。

昨日と今日「寒晒しそばまつり」が山都町体育館で行われています。そば好きには溜まらない味をお楽しみください。
そして今日から「福寿草まつり」が山都町沼ノ平の群生地で始まります。
まだまだ雪が残っている我が町ですが、群生地には遊歩道や大駐車場が完備してありますので安心しておいでください。福寿草はまだ咲き始めなのですが、段々に丘の雪も消えてくるので100万株の群生が四月には楽しめると思います。そして四月下旬には「鏡桜」が咲き、五月には棚田跡でヤマザクラと菜の花の競演が楽しめますよ。それが終わったら菖蒲の花と季節毎に花々が楽しめると評判です。
また、寒晒しそばは今日のまつりの後は町内のそば店でも食べられますので寒晒しそばと福寿草がいつでも楽しめますよ。

 

2009年3月19日と昨日の違いがわかりますね。雪の少ない時ってホントにいいなぁ。

| オヤジの日記 | 08:22 | - | - |
| 1/795PAGES | >>