CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
消えた藁の家。

海外ドラマの刑事物を見ているせいかこんなサスペンスのようなタイトルをつけてみました。
要するにPiPiのために用意した藁の寝床が失敗だったのですよ。ソファーに寝ていた時は小さく丸まって寝ていたのでそのサイズで箱を作ってもらったのですが、縁の木の枠があってうまく寝られないようです。それで夜中に戸をカリカリとひっかいて入れてくれと言うので仕方なく部屋に入れると私のベッドの隣で爆睡します。それで藁の寝床は撤去となりました。これからどうしましょうか。


昨日の若隆景は残念でしたね。翔猿のほうが巧く立ち回って2敗をキープしました。でも若隆景も3敗でまだ優勝候補に名を連ねています。二桁白星を目指して頑張ってちょ。
翔猿は新入幕したばかりで優勝すれば106年ぶりの快挙だそうですから彼にも頑張って欲しいです。今日の対戦相手はおにぎり君の愛称をもつ隆ノ勝です。どっちも勝たせてやりたいので今日も大相撲から目が離せません。

| オヤジの日記 | 09:17 | - | - |
ワカッ、タカッ、カゲッ。

かんでしまいそうなアナウンサー泣かせの名前ですが、福島市出身の3兄弟力士の三男が今場所の優勝戦線に名前をあげています。西前頭8枚目の若隆景は昨日11日目を終えて9勝2敗で貴景勝など4力士の中に入っているんですよ。そして今日は同じ2敗の翔猿と対戦が組まれています。これは見逃せないですね。
どっちらけの無観客から観客1/4になって少しは見られるようになった大相撲ですが、久々に本県出身の力士の活躍で阿呆爺の盛り上がりは最高潮です。
フレー、フレー、若隆景。

| オヤジの日記 | 08:34 | - | - |
エンヤー、会津磐梯山は♪。

昨日お風呂に入っていたら昔の記憶がよみがえりました。会津祭りの晩に提灯行列に出て帰ってきてお風呂に入っていたら窓から「エンヤー、会津磐梯山は♪」が聞こえてきたんです。会場の神明通りが生家のすぐ近くだったので流れてきたのです。
あっもうひとつ思い出した。もっと昔に、今の図書館の隣の元NTT会津若松支店が建てられる前にそこの空き地で開かれたこともありました。今から60年も昔のことなので覚えている人は少ないでしょうね。
今年は会津祭りが縮小されて盆踊りも中止になったそうですが、残念としか言えません。


昨日の三時のおやつは「なんちゃってお汁粉」。寒くなってアイスの出番がなくなったので、あずきバーをチンしてみました。前にお米と一緒にあずきバーを入れて炊くとなんちゃって赤飯ができると聞いていたのを思い出したのです。結果は、甘ーいお汁粉になりましたが量が少なすぎて物足りなかったです。やっぱり暑い時にガリガリ食べるほうが美味しいぞーっ。

| オヤジの日記 | 08:37 | - | - |
暑さ寒さもひがむまい。

昨日は敬老の日だったのね。ちっとも気がつきませんでした。他人事のように思える自分が老人扱いされていないことにホッとしています。
「敬老会 飽きちゃったから もうけいろー」
と言うことは今日が秋分の日ですな。
「秋深し スガした顔して 醜聞の日」
どうも私には川柳の素質はないようですなぁ。


隠居して1年半経ちますが、老人力は上がっていないようです。この老人力がつかないことには生きている意味がないと思うのでもっと努力していかなくてはいけません←自分。なーんて阿呆爺めっ。

| オヤジの日記 | 08:55 | - | - |
またしてもすぎちょびれ。

昨日の続きです。
中学生の時に聞いた「エリート」なる言葉は、私の胸に波紋を起こしました。それは、選ばれて優位に立った人が選ばれなかった人たちを見下してしまうことに気づいたことです。だいたいが誰に選ばれているんでしょうか。この言葉を聞いた中学生の私に平等の神様が舞い降りた瞬間だと今でも思っています。
差別が世界中で行われています。人種差別が少ない日本でも他のいろいろな差別がたくさんあり、それぞれがこの選ばれし者として優位に立ったと思っている"エリート"たちの仕業なのです。
そんなわけで私は万年筆のエリートは好きですが、"エリート"と思い上がっている輩は好きではありません。どうか世界中の理不尽な差別がなくなることを願います。


PiPiは秋の夕陽の中でのんびりしているわけではありません。陽が傾くのが早いので晩ご飯の時間になったと思ってそわそわしているだけですよ。

| - | 08:49 | - | - |
| 1/1086PAGES | >>