CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
雨がやんだら…。

雨がやんだら♪お別れなのね

いかん、いかん。梅雨空に心まで湿っぽくなるじゃないの。朝丘雪路さんのボインでも思い出して元気になりましょう。

それにしてもこの雨は嫌ですなぁ。大雨の被害が大きくならないように祈ります。

写真は昨日に続き蓮の花。場所は会津若松市小田山にある公園の池です。小田山というと昔通ったスキー場を思い出しますね。でもあちら側ではなく、霊園のある奥の東側にある池です。

小田山は、戊辰戦争の時ここの頂上から眼下にある鶴ヶ城に西軍が大砲を打ち込んだという山で、今でも遊歩道を登って見晴らしの良い頂上から鶴ヶ城が眺められますよ(多分)。

こんな晴れの日が待ち遠しいですね。雨がやんだら♪お出かけしましょww

| オヤジの日記 | 08:54 | - | - |
鬱陶しい梅雨。

「うっとうしい」は漢字で書けませんが変換では「鬱陶しい」と出るので遣ってしまいます。でもこの漢字見るだけで本当にうっとうしいですね。他にも「うるさい」が「五月蝿い・煩い」とか、漢字にするとより一層うるさくなるものがあります。
「う」で始まり「〜しい」で終わる言葉を考えてみたら「うつくしい・美しい」、「うるわしい・麗しい」、「うれしい・嬉しい」、「ういういしい・初々しい」、「うやうやしい・恭しい」などと素敵な言葉が続々出てきました。でも「うとましい・疎ましい」や「うらやましい・羨ましい」、終いには「うらめしい・恨めしい」など遣いたくない言葉も出てきたので妄想言葉辞典はお終いにしましょう。


高田町の龍興寺で蓮の花が咲いたとニュースで見ました。梅雨空の下、あの古代ハスが美しい姿を見せてくれているのでしょう。


数年前にメリランの表紙に使おうと撮った写真です。これを見てうっとうしいのを吹き飛ばしてください。

| オヤジの日記 | 08:55 | - | - |
チュー戦線異状なし。

夜中に徘徊しているのかも知れませんが被害もなく落ち着いています。どうやら斥候はエサが無いことに気づいて撤退したのかも知れませんね。いやいやまだ警戒は解けません。
さて今週の予定は…と、いつもと変わらぬノープランですなぁ。コロナ禍の下、新しい暮らしをしましょうということですが、田舎での隠居生活に変化があるわけないでごんす。たまの外出時にマスクを持って行くということぐらいかな。あとは3密なんか全然関係ないし、いたって前の日常と変わりなく暮らしています。時間が余ってどうしようかという贅沢な悩みだけです。


先日のサシバの写真です。鳥かなにかわからないでしょうが、飛んでいる姿はこの図鑑の写真と同じでした。まだ小さいのですが立派な親になって欲しいですね。

| オヤジの日記 | 08:57 | - | - |
サシバとノウゼンカズラに出会った。

昨日は旧友のY女史と湯川村にある"Cafe SORA"でランチデートをしてきました。メリラン最後の頃にオープンして広告を頂いていたこともあり、オーナーと久しぶりの再会を喜びました。ランチの煮込みハンバーグはめっちゃ美味しかったです。


さらに帰る時にここの駐車場にある花に気づきました。ノウゼンカズラが咲き乱れていましたよ。湯川村の豊かな田んぼを背景に咲いている姿は実に美しいです。今の季節だけですのでぜひ寄ってみてください。

注・写真は他のご婦人方が撮影していて撮れませんでした。ごめんなさい。
そして出かける時にびっくりしたのが、目の前をサシバが飛んでいたのですよ。鷹より一回り小さくて羽先が七つでなく五つに割れているので確かにサシバです。今年も台湾のほうから海を渡って来てくれたのですね。元気に営巣し子育てをしてください。わーい、嬉しいな。
さらに夕食にはY女史のお土産の茄子の煮びたしとキュウリの漬け物をいただきました。美味ーい。さすが女手ひとつで息子三人を育てた肝っ玉母さんならではの味です。私にはとうてい出せない味を噛みしめましたよ。うまかったーら、べこまけた。

| オヤジの日記 | 08:37 | - | - |
梅雨なのね。

梅雨本番といったところでしょうか。どんよりした雲じゃなくカラッとした青空が見たいですね。


Afshinくんが撮った写真です。一里塚のようですが良い写真です。
その昔旅人は一里毎に作られたこの一里塚を目安に街道を歩いたそうです。街道といっても山の中は獣道のようなものだったのでしょうから、この一里塚が見えたときはどんなに嬉しかったのか想像するだけで楽しくなりますね。
メリランの特集で会津から出る峠を特集しました。いろんな峠道に行って取材は大変でしたがとても良い思い出になっています。もし元気だったら昔の旅人と同じように歩いて峠を越えてみたいなぁ。昔の街道を歩いて行けば、車窓から見える景色とはひと味もふた味も違うことでしょう。
そうだ、思い出した。会津坂下町から西会津町へ抜ける束松峠は廃道になっていて行けなかったんです。あの峠の頂上にあった松も枯れてしまったと地元の古老に聞きました。あの峠も行きたかったなぁ。

| オヤジの日記 | 08:20 | - | - |
| 1/1070PAGES | >>