CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
スリム・ザ・ドアー。

部屋の入り口がますます狭くなってしまいました。
もともと家全体が歪んできてしまっているのでいたるところに隙間が出ています。それで平行四辺形と化した入り口ばかりです。さらに私の部屋のふすまの開き具合は通常の三分の一の30cm弱になってしまい、今朝は梅雨の湿気のせいかさらに狭くなってきました。体を横にして腹を引っ込めなければ通行できないのですよ。ベルトの穴は太っていた時より二つも縮めているというのに、もっと痩せろということなんでしょうか。これ以上になったら縁側から出て玄関から隣の部屋へ行くしかありません。困ったわぁ。

いろんな生き物と共存していると実感できるのが嬉しいですね。もちろん、アブやメジロや蚊のように攻撃性があるものは勘弁して欲しいですが…。あとカメムシもww

| オヤジの日記 | 08:39 | - | - |
山都は会津の何処。

会津地方は27市町村が17市町村になってしまったのですが、まだまだいろいろな呼び方があります。例えば「奥会津」とか「南会津」とかです。奥会津は柳津から只見川沿いの奥までで、南会津は田島=南会津町の辺ですが、その境界線がわかる人は少ないのではと思います。そして会津若松市は大きくなって会津の中心地として威張っていますし、喜多方は会津若松とは一線を画した方向です。その喜多方市に合併されたからといって山都町まで喜多方市というのはちょっと無理がありますね。高郷、塩川もしかり。こんな山奥の僻地が市の一部だなんて似合いませんよ。
昨日甥の友人が遊びに来ていて我が家に寄っていったのですが、会津がどんな処なのかつかめずに苦労していたので気になったのです。まぁいろんな会津があったほうが楽しいからいいですよね。

| オヤジの日記 | 08:48 | - | - |
初顔合わせ。

昨日はナタリーに拉致してもらって会津若松のカフェまでひとっ走り。
太郎焼の珈琲をいただきながら同級生二人と待ち合わせてお達者倶楽部です。
三人合わせて200歳を越えてると思いながらそれぞれの現状報告(=要するに病気自慢)をし、お互いの達者を喜びあいました。
よくよく考えてみたらこの三人で顔を合わせるのは初めてです。Heiちゃんとは小中一緒で、Keiちゃんとは小中高と別々だが中高から遊び仲間だし、HeiちゃんとKeiちゃんは高校が一緒という変なトリオです。
不謹慎にもこの次に会うのは病室だろうなぁと思いながら「お達者で〜」とお別れしてきました。


その後ナタリーに送ってもらったんですが、ナタリーが西会津でヨガを教えてきたところがわかりました。今住んでいる処の近所に実家のある娘さんがやっている農泊だったのですよ。そこに滞在しているアメリカ人の旅行者にヨガを教えに朝早くから行ってきたそうです。なんとも会津は狭い=人の繋がりが濃いと思いましたね。

久々の若松までのドライブは快適でしたよ。助手席にも慣れたようです。

| オヤジの日記 | 08:27 | - | - |
老人と湖はパス。

海の日ですが、会津には海がなく猪苗代湖がその役をしているので「老人と湖」というわけです。


そして今朝は元同僚のナタリーが、西会津町で早朝ヨガを指導して帰り道に我が家を訪ねて私を拉致してくれるそうです。
湖の日も素敵ですがこの梅雨寒では駄目でしょうからお達者倶楽部でもして楽しんでこようかと思います。さてさて若松の街の様子はどうでしょうか。

| オヤジの日記 | 07:41 | - | - |
久々の外食。

昨日会津若松からムスメ0号が来てくれて、山都町の「茶房千」で久々の外食をいただきました。手打ちうどんはいつもの味でバッチリで採れたての野菜サラダも美味しく写真を撮るのを忘れてしまい、やっとデザートのソバの実アイスになりパチリ。そして部屋の電線と二階の炬燵の箱をパチリしました。
その後期日前投票を済ませて帰宅しようとした時にサプライズ。車を威嚇するかのように羽音が聞こえ目の前をサシバが飛んでいくのです。そして電信柱にとまり、私たちに挨拶してくれているんですよ。すぐに二人してカメラを構えましたが、ムスメのほうがよく撮れているようですなぁ。

よくよく考えたら、先月13日に脳梗塞発覚一週間後の受診日に友人に乗せていってもらった時からちょうど一ヶ月経っていたんですね。一ヶ月もの間下手な自炊料理だけでやってきたのは孤老史上最長かも知れません。よくもまぁ不味いメシで我慢できたもんだと感心しちゃいます。偉いぞ、自分。

| オヤジの日記 | 09:08 | - | - |
| 1/999PAGES | >>