CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
天津飯を作ったーっ。

この前の「マツコの知らない世界」でやっていた天津飯が気になったので作ってみようとレシピを検索しました。カニカマでもOKでネギと餡に中華スープがあれば出来ると、貧乏人にぴったりとわかり早速調理開始。で、出来たのがこちら。


カニカマとネギを入れた卵焼きを作り、ラーメンスープの素に酢を足して片栗粉でなんとか餡を作ったのですが、この餡が非常に重要なんですなぁ。半分ほど食べたら味に飽きてしまいました。やっぱりオイスターソースかなにか無いと旨味が出ないようです。次回は餡の改良を心がけましょう。
外はまるで雪が消えてしまう3月下旬のようです。暖冬と地峡温暖化の関係はあるのでしょうか。新型CORONAと言われてTOYOTAの新車が出たのかと思っていた阿呆爺でも気になります。

| オヤジの日記 | 09:37 | - | - |
オラの好きな先生。

先日来た友だちが数日前に私の同級生に会い私の近況を聞かれたそうです。その友だちが「よくあんな田舎に一人で住んでいられるよね」と言ったら、その同級生は「あいつはそういう奴だ。昔先生に叱られている時にずっとノートに何か書いて無視していたぐらいだからな」と言ったそうです。
確かにそんな記憶がありますなぁ。多分嫌いなあの先生でしょう。
その先生は戦後職がなくやむなく先生をしていたような人で、子どもの人権など考えない戦前の教育から抜け出せない愚か者と思ったからです。そんなことをチラッと言っただけでこんな始末になってしまいました。終いには「俺は首になってもいいからお前と対決する」とまで怒ってしまったことがあります。少しは反省していますが、おかげで与謝野鉄幹が好きになったので良しとしてもらいましょう。
私は人間の好き嫌いが昔からあり、好きな人はとことん好きなのですが、嫌いな者に対しては嫌いという顔をしてしまうようです。あまり良くないことだと自分でも気づいているのですが、どうしようもありません。特に権力をかざして大きな顔をしている輩が大嫌いです。これだけは今も同じです。

| オヤジの日記 | 08:56 | - | - |
あの時君は若かった。

昨日は友人が来て久々に外メシに出かけました。そして持って来てくれたのは「RAGTIME LIVE AID」。
ライヴのVHSテープをDVDにしてくれたものをお土産にいただきました。撮影されたのは1988年、SHOWA元禄の花散り際の頃の若かりし私も出演している貴重なものです。32年前ということは私が36歳。何を考えていたのか、モテ期が永遠に続くと思っていたんでしょうなぁ。


RAGTIMEの常連たちがこの店のためにと開いたライヴなのですが、他にもいろいろとやっていましたね。仮装パーティ、甘エビツーリング食事会、友だちのお別れ会(全員ずぶ濡れ付)などなど。私の退院祝いライヴもやりました。
素敵な思い出が詰まったRAGTIMEの当時の店の様子や常連たちの若い姿を見られて嬉しいです。
なんと、客席を写した場面でFacebookにいつもコメントしてくれるHちゃんを発見しました。来ていたとは知りませんでしたね。いやはや昔の動画に胸熱くなった夜でした。

| オヤジの日記 | 09:02 | - | - |
イカススカイ。

「イケメン」という言葉は老人まで遣う言葉になっていますが、その元になっている「イカす」「イカしている」「イケている」という言葉は絶滅危惧語のようですなぁ。ネットに出ているのは「女をイカす」ことからそういうカッコ良さを表すという推測が出ていますが、私の妄想推理からすれば「己の長所を最大限に活かす」という意味であって欲しいと思うのです。でも今の時代に「イカす」という言葉はもう耳にしなくなりました。チーン。SHOWA古語として認定したいと思います。


雨だす。いつもの2月なら積雪は1mもあり、屋根から落ちた雪は2m以上にもなっているんですが、歩く所は土が出ているし、日陰でも20cmぐらいの積雪しかありません。もうちょっとは許してあげるから降ってよね。

| オヤジの日記 | 09:07 | - | - |
ファンヒーターが届いた。

昨日メルカリで購入したファンヒーターが届きました。日曜に頼んでお金を振り込んで月曜に発送してもらい火曜に着くのですから本当にこの国の流通業界には頭が下がります。
部屋の石油ストーブを食堂に帰し暖かくご飯が食べられるのが嬉しいです。やはり老人の部屋にはファンヒーターがいいですね。直火じゃないのでヤカンや煮物をかけておくことは出来ませんが、いつ自分が転倒するかハラハラして過ごすよりは安全です。これで残りの冬を乗り切れます。
昨日の「スカーレット」の録画を今朝やっと見ました。マツさんが友だちの喫茶店で眠ったまま静かに息を引き取るシーンがよかったですね。あんな最期を夢見ます。そして次のシーンは仏壇にご飯を上げるものでお涙ちょうだいの葬式シーンがないのもサッパリしていて良かったです。
富田靖子さんの少女時代の映画を思い出しました。亡くなる老女まで演じる素敵な女優さんに拍手を贈りましょう。


PiPiも暖かくなった食堂で喜んでいますよ。

| オヤジの日記 | 08:35 | - | - |
| 1/1042PAGES | >>