CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< December 2016 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
10回目の冬。

この冬で10回目です。来春には移住10周年を祝いたいのでこの冬もあっと驚くことのないように気をつけていきたいです。

10年前の冬は大晦日まで積雪がない年でした。大晦日にこちらでできた友人らと餅つきをしようとしていて、シンシンと降り積もる雪の中で騒いでいたら翌朝には腰の高さまで積雪がありびっくりしました。翌年からあまりよく覚えておらず、いきなり去年の雪のない正月になってしまいます。

人間の記憶っていい加減なんですね。いえいえ、阿呆オヤジなだけですかね。

そんな時のためにもこのブログを綴っているんですよ。いつの頃なのかブログのその日を探し出すのも大変ですが、ついでに「こんなこともあったなぁ」と懐かしんでいるのです。

で、今日のテーマは「これが根雪になるのかなぁ」です。

昨日は晴れ間も出ましたが、夜間は冷えてシャーベット状になった雪が固まってシャリシャリという音を出す朝になっています。果たしてこれが根雪になるのか、それとも消えてくれるのか…。まぁどっちでもいいんですけどね。とにかくドサッと大雪が降らないことだけを祈りましょう。

| オヤジの日記 | 08:01 | - | - |
初積雪に除雪車登場。

今期初の積雪です。15cmぐらい積もっていますが、ベトベトの湿った雪なのですぐに溶けてなくなるでしょう。

またいつもの冬がやって来たわけですね。初積雪も例年並みということで驚きも落胆もありません。しかし、今朝ぐらいの雪で除雪車が出るとはちょっとびっくりです。まぁシーズン始めなので様子見に動かしてみたというところでしょう。

さてさて、この冬の雪の量は多いのか少ないのかどうなんでしょうね。今の季節はこの話題が挨拶になっている雪国です。

| オヤジの日記 | 08:10 | - | - |
大正七年生まれ。

98歳になる母が腸閉塞のために手術をしました。

幸いに術後の経過もよく退院となりそうなんですが、その後の生活に大きな変化があります。
手術前は実家に兄夫婦と共に住んでいて、トイレへは自力で行け、お風呂は週2回のディサービスで入れてもらい、他は兄夫婦に面倒を見てもらっていました。でも体力的に介護が必要になり自宅で面倒を見てもらうのは無理だろうということで老人ホームへの入居を勧められました。
ホームへの入居は抵抗がありますが、楽に過ごせるし、今まで面倒をかけてきた人たちへの気兼ねもないのでこれはこれで本人が楽に過ごせるのではないかと考え同意しました。なんの親孝行もできない阿呆息子は、ホームに入ったらいっぱい面会に行ってあげるしか出来ません。今のところ西会津の施設が有力候補だそうで、山都からも近いので顔を出しやすいのでそうしましょう。

 

昨日はちらほら白いものが降りました。冬が始まりました。

| オヤジの日記 | 08:04 | - | - |
キューソ、線を咬む。

お風呂のボイラーのスイッチが入りません。電源が来ていないようで配線を見たら、なーんとすぐ根本で断線しています。どうやら夜中に大運動会を始める二階の怪人の仕業のようです。
リモコン部分の配線なので簡単に修理できたのでよかったですが、これが元で火事になんかなったら大変ですね。低気密住宅のスキマいっぱい家屋にはいろんな動物たちが迷い込みますが、仲良く暮らしていきたいと思います。
我が家に迷い込んだ動物たちの中で一番怖かったのは、玄関で長靴を履こうとしたら中から現れた蛇(赤ちゃんで15cmぐらい)です。西部劇で朝起きてブーツを履く時は中にガラガラヘビがいないかどうか確認しろというのがありますが、「欧米かっ!」と懐かしいギャグで突っ込みたいほどです。他にも、私の寝室の天井から突然60cmぐらいの蛇が下りてきたこともありました。それ以来、蛇神様に守られているんだと信じることにしました。
いなか暮らしはこんなこともあるんですよ。人間様の都合の良い自然ばかりを愛でていますが、本当の自然は恐ろしい一面を持っていることを忘れてはいけませんね。

| オヤジの日記 | 08:18 | - | - |
ブタラグビー。

近くに住むトシくんが飼っていたブタを食肉加工場に出すので手伝いに行ってきました。カメラマンということで後方で待機していたんですが、ブタがなかなかトラックに乗らなくて苦労しました。


まずは気配を察知したのか小屋から出てきません。ようやく通路まで出しましたがそこからトラックの荷台へなかなか上がらないのです。通路では大人三人が合板を手に後ろへバックするのを防いでいたんですが、ブタの後ずさりがものすごく一度は破られてしまったほどです。私もその時に押されてブタと合板の間に挟まれてしまいました。本当に力があるんですねぇ。


なんとか小一時間かけて荷台に乗せ、出発していきました。

肉はスーパーのトレイに包まれて産まれてくるわけじゃない。生きているものをと殺して人間が食べているんだということを改めて実感した朝でした。今頃美味しそうなポークになっていることでしょう。合掌。

 

そんなわけで今朝の更新が遅れてしまい申し訳ありませんでした。
さぁ雪の降らないうちに冬の準備をしておきましょう。

| オヤジの日記 | 09:59 | - | - |
| 1/811PAGES | >>